デュタステリドの服用はスカスカの前髪に効果あり?抜け毛が減らない理由も解説

デュタステリドは、フィナステリドと似た構造の薬で同様にもともとは前立腺肥大症の治療薬でした。

ジヒドロテストステロンの血中レベルを下げる作用がフィナステリドより強いため、発毛効果が高いとされています。

生え際など前髪の改善は、難しいとされているため、より強い効果が期待できるデュタステリドが注目されています。

相談者

デュタステリドは他のAGA治療薬としてどのような特徴があるのでしょうか?クチコミなどで抜け毛が増えるという感想も見かけたので、飲むのが不安です。

国内では2015年にザガーロ(デュタステリド)がAGA治療薬として認証され有名になっているので、効果と安全性は一定担保されています。

この記事では、デュタステリドが前髪に効果がある理由と服用をする上で注意が必要なポイントを紹介します。

この記事の要約
  • デュタステリドの効果は前髪でも得られる可能性があります
  • 抜け毛の原因の多くは初期脱毛!効果が期待できます
  • ミノキシジルと併用すると効果が高まるのが期待できます
  • AGAスマクリはオンラインで利用できる!
  • おすすめのAGAクリニックは、「AGAスマクリ」!初月無料で2ヶ月以降もずっと4980円!

監修医師

成田亜希子 医師

成田亜希子医師は日本内科学会、日本感染症学会、日本公衆衛生学会に所属。一般内科医として幅広い疾患の診療に向き合った後、医療系行政機関にて勤務をし、病院や診療所への行政審査、行政指導、介護行政、母子保健、精神福祉等を担当。

今すぐ薄毛治療希望なら!
男性AGAスマクリ
  • 来院不要!オンラインで完結するから便利!
  • 初回1ヶ月目はお得なお試しコースをご用意!
  • 24時間いつでも受付中!思いたったときにいつでも予約可能!
  • 無料のオンライン相談は、お気軽に!
\初回1ヶ月無料で薄毛治療をスタート!/AGAスマクリ 公式サイト

デュタステリドは前髪に効果がある?

デュタステリドは前髪に効果がある?

AGAの原因となる5αリダクターゼは、前髪部と頭頂部に多く存在しています。

5αリダクターゼがテストステロンと結びつき、ジヒドロテストステロンが生成される事で髪の成長が阻害されます。

デュタステリドには、5αリダクターゼの働きを阻害する効果があります。

デュタステリドの服用で前髪の後退を防ぐことができる

5αリダクターゼは前髪に多く存在しているため、結果ジヒドロテストステロンも多く存在している可能性があります。

前髪は、ジヒドロテストステロンの影響を受けやすいため薄毛や抜け毛が進行しやすい部位です。

デュタステリによって、ジヒドロテストステロンが生成されなければ前髪の後退を防ぐのを期待する事ができます。

▼5αリダクターゼについて詳しく知りたい方はこちら▼

AGAを引き起こす!?1型・2型5αリダクターゼってなに?

デュタステリドが前髪に効果がある理由

デュタステリドが前髪に効果がある理由

前髪部は、5αリダクターゼが多く存在している部位のため、ジヒドロテストステロンが生成されやすい環境になっています。

デュタステリド服用中は、ジヒドロテストステロンの生成を抑える事が期待できるため、髪の生育を正常化する効果が期待できます。

デュタステリドは頭頂部にも効果あり

デュタステリドは頭頂部にも効果あり

 

5αリダクターゼは、前髪部だけでなく頭頂部にも多く存在しています。

頭頂部も前髪部同様にジヒドロテストステロンが生成されやすい環境であるため、デュタステリドで生成を抑制する事で頭髪環境の改善が期待できます。

デュタステリドを服用しても前髪が抜けてしまう理由

デュタステリドを服用しても前髪が抜けてしまう理由

AGA治療薬を服用しても、抜け毛が止まらない、かえって抜け毛が増えたという相談が多く寄せられます。

薄毛になってしまった髪を太くする事はできません。

一度、生え変わり新しい髪を太くする方法がAGA治療になります。

生え変わりを促すため、服用初期は抜け毛の症状があるかもしれません。

デュタステリドの副作用によるもの

デュタステリドによって十分な生育期間を得た髪は、古い髪を押し出して頭髪に顔を見せます。

結果、古い髪を押し出す事で抜け毛を生じさせます。

ただし、この症状は新しい髪が古い髪より頑丈である事を意味し、治療効果の現れとして捉える事もできます。

よく見られる副作用で初期脱毛と呼ばれています。

▼デュタステリドによる初期脱毛についてはこちら▼

デュタステリドに初期脱毛はある?起こる理由なども解説!

デュタステリドは他の治療薬より副作用が強く出る

デュタステリドは他の治療薬より副作用が強く出る

デュタステリドが比較されやすい薬がフィナステリドになります。

ほとんど同じ作用機序であるものの、効果範囲と半減期に違いがあります。

フィナステリドが5αリダクターゼの2型のみの働きを阻害するのに対し、デュタステリドは5αリダクターゼの1型、2型の働きを阻害するため、より強いホルモン抑制効果を発揮します。

またデュタステリドは半減期も非常に長いため、強い効果が長時間持続します。

結果、体に与える負担がフィナステリドより大きいため副作用が強いと考えられています。

前髪の抜け毛が減らない時は医師に相談する

3ヶ月程度は少なくとも様子を見る必要があります。

6ヶ月が経過しても抜け毛が治らないようであれば一度医師に相談するようにしましょう。

AGA治療は、個人差が大きく現れるため過度な心配はいりません。

中には1年以上初期脱毛が生じ、その後に薄毛が改善されたという例も報告されています。

他のAGA治療薬は前髪に効果が期待できる?

他のAGA治療薬は前髪に効果が期待できる?

デュタステリド以外のAGA治療薬でも前髪部のAGAに一定の効果を示す事ができます。

しかし薬の作用機序上、デュタステリド以上の効果を発揮するのは難しいと考えられます。

内服薬の場合

AGA治療の代表的な内服薬は、ミノキシジルプロペシアになります。

ここでは、プロペシアと有効成分フィナステリドを同じとするフィンペシアも紹介します。

ミノキシジル

ミノキシジルは毛母細胞に直接作用して、発毛・育毛効果が期待できるAGA治療薬です。

前髪部の毛母細胞に効果を示す事で改善効果が期待できます。

▼毛母細胞を活性化する方法はこちら▼

毛母細胞は復活・再生する?〜活性化させる方法とは〜

プロペシア

プロペシアは、デュタステリド同様に5αリダクターゼの働きを阻害する事で効果を示すAGA治療薬であるため、改善効果が期待できます。

前髪部に存在する5αリダクターゼは、2型がほとんどであるため十分有効です。

フィンペシア

フィンペシアは、プロペシアの海外ジェネリック医薬品のような立ち位置のAGA治療薬です。

プロペシアと同じ有効成分であるフィナステリドを主成分としていますが、国内において未承認薬であるため、服用の際は注意が必要となります。

外用薬の場合

外用薬の場合

AGA治療の代表的な外用薬は、ミノキシジルになります。

外用薬の安全性は十分認められており、医師の処方なしでも薬局やドラッグストアにおいて購入する事ができます。

ミノキシジル

気になる前髪部に直接塗布する事ができ、一定の効果も期待できます。

ただし、経皮的な吸収を必要とするため、内服薬に比べると効果は控えめになります。

デュタステリドの服用で前髪の効果を高める方法

デュタステリドの服用で前髪の効果を高める方法

デュタステリドには、AGAの進行を強く抑える効果が期待できますが発毛や育毛を促す作用がありません

他のAGA治療薬と組み合わせるか、サプリメントなどで足りない部分を補う事でより高い効果を期待できます。

他の治療薬との併用

ミノキシジルとの併用がよく推奨されています。

組み合わせる事で、AGAの進行抑制と発毛・育毛効果を同時に期待する事ができるためです。

自己判断で治療薬を併用してはいけない

薬の併用は、体への負担を強めます。

また、デュタステリドには併用禁忌薬が定められているため安易に薬の併用を行わないようにしましょう。

薬の併用を必要とする際は、医師に相談する事を推奨します。

医師の処方を受ける

デュタステリドなど内服薬のAGA治療薬は、医師の処方がなければ原則購入する事ができません。

AGAスマクリなどでは、初診から治療までオンラインのみで完結します。

個人輸入などで薬を購入する方法もありますがリスクがあります。

なるべく医師の処方を受けて薬を購入するようにしましょう。

前髪の抜け毛以外に起こるデュタステリドの副作用

前髪の抜け毛以外に起こるデュタステリドの副作用

一度の男性ホルモンを抑制するため、ホルモンバランスを乱す可能性が考えられます。

主な副作用としては、性機能に係る障害になります。

肝機能障害

デュタステリドの成分を代謝する働きをするのが肝臓になります。

ほとんどの薬で言える事ですが肝臓に一定の負担をかけます。

性欲減退

明確なメカニズムは解明されていませんが、ホルモンバランスが乱れるなどの理由で発現すると考えられています。

勃起不全

性欲減退と同様に明確なメカニズムは解明されていません。

AGA治療薬は不妊を引き起こすと一時期噂になった事があるため、心理的な作用が働いている可能性も考えられます。

デュタステリドを服用する際のポイント

デュタステリドを服用する際のポイント

AGA治療は通常長期間継続する必要があります。

その際に注意しておかなければならないポイントを紹介します。

最低でも6ヶ月間は服用を継続する

髪が新しく生え変わるまで最低でも3ヶ月はかかります。

薬の効果が十分に得られた髪が生え変わるまでには6ヶ月程度を必要とするため、効果がみられないからといって服用を中止しないようにしましょう。

女性や子どもが触れるのはNG

女性や子どもが触れるのはNG

デュタステリドの成分は、経皮的に吸収されるため飲まなくとも体内に入って来ます。

胎児や子どもの場合、どのような副作用が生じるか十分に検証されていないため、触れる事がないようにして下さい。

正しい方法で服用する

1日1回1錠が原則です。

飲み忘れに気付いたら、速やかに服用するようにして下さい。

次回服用のタイミングまでに半日以上の空き時間がないようであればら1回分をスキップするようにしましょう。

他の治療薬と併用する

早期の改善効果を期待する場合は、ミノキシジルとの併用がおすすめです。

内服薬の場合、ミノキシジルもデュタステリド同様に医師の処方を必要とするため、AGA専門クリニックを受診する事を推奨します。

AGAスマクリなどでは、初診から治療まで全てをオンラインで完結させています。

仕事などで時間が取れない方にはオンライン診療という選択があります。

2種類の治療薬の処方が可能!オンライン診療の「AGAスマクリ」

AGAスマクリ

AGAスマクリでは、内科や皮膚科などの専門医が多数在籍しており、たくさんの診療情報から最適な治療の提案を行っています。

他のAGA専門クリニックに先駆けてオンライン診療を取り入れた実績をウリとしているので、オンラインでも安心して治療が受けられます。

フィナステリドとミノキシジル処方のAGAスマクリ

AGAスマクリは、AGA専門オンラインクリニックで、数多くのAGA治療をオンラインを通じて行っています。

オンライン診療の実績は210,000件を超えるため、様々なケースに対応するノウハウを得ました。

オンラインでも遜色なく患者さんのサポートができるのがAGAスマクリの特徴です。

AGAスマクリ料金プラン

基本プラン「フィナステリド 1mg + ミノキシジル 5mg」

AGAスマクリの料金プラン一覧

フィナステリド・ミノキシジル(初月) 0円
フィナステリド・ミノキシジル(2ヶ月目以降) 4,980円
プロペシア 11,000円

AGAスマクリではデュタステリドではなく、フィナステリドミノキシジルを併用した治療をベースに提案しています。

AGA治療は長期間に及ぶため、経済的負担から治療を断念されるケースもあります。

そのようなリスクを回避するため、安価なジェネリック医薬品を推奨しています。

デュタステリドを処方しないという訳ではないので、服用を希望される場合は、カウンセリング時にその旨を伝えて下さい。

\初回1ヶ月無料で薄毛治療をスタート!/AGAスマクリ 公式サイト

▼AGAスマクリの料金や評判が気になる方はこちら▼

【口コミ・評判】AGAスマクリはどんなクリニック?料金や治療までの流れも解説